KOMATSU  
 
コマツ物流
HOMEへ戻る物流サービスソリューション事例紹介事業所一覧会社情報  
 

3PL


調達・生産などの物流に関する業務

部品の調達から工場内物流まで、経営効率の向上を図るためにかかせない包括的な物流業務の改善・コスト削減策をご提案いたします。実績豊富な部品調達のノウハウ、部品の受発注から組立の効率向上までも網羅した工場構内物流の改善ノウハウなど、コマツ物流の3PL(サード パーティ ロジスティクス)により生産体制の強化と物流コストの低減が図れます。

調達・生産などの物流に関する業務を一括アウトソーシング可能

調達物流

トラックの有効的な運行支援や、部品メーカーでの在庫管理支援、生産現場でのスペース有効活用、フォークリフトなど設備(マテハン機器)の最適化など、お客様の悩みに合わせた物流改善・コスト低減の方策をご提案します。

  • 部品メーカーにおける個別配車をやめて一括配車とし、幹線輸送を生かした引取集荷(ミルクラン)の実施により、調達輸送コストを削減。
  • 部品メーカーになりかわり、管理センターで一括した入出庫管理を行い、生産の進捗にあわせてジャストインタイム(JIT)で組立ラインに納入。
調達物流

生産物流

在庫管理、ピッキング、仕分け、ラインへの供給、小物部品のキット・セット、サブ組立、出荷梱包まで含め、設備レイアウト改善、作業改善、システム改善といった、生産性向上に欠かせない要素を全面的に支援いたします。

  • 組立出荷の計画を受け、必要な部品の受発注を行います。受発注システムと現品管理、作業指示管理システムの連動により、最小在庫による運用と効率的な入出庫作業を実現します。
  • 海外からの輸入部品など、調達リードタイムの長いものは中長期の組立計画を勘案した数ヶ月先の必要数量もみて、適正在庫となるよう受発注を管理します。
  • 組立のメインラインとサブラインを切り分けて、サブ組立活用による生産性向上を実現します。
  • 部品メーカー出荷時の荷姿を改善(パレットや梱包方法など)指導することで、工場内での部品取扱工数を最小限にします。

補給部品供給センター

コマツ物流3PL概念フロー

コマツ物流3PL概念フロー図

こんなことでお困りではありませんか?

ページ最上部へ
総合お問合せ
見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。 Copyright(C)2006 KOMATSU LOGISTICS CORP. All right reserved