人を知る

本社
プロジェクト推進室
2012年新卒入社

コマツ物流に入社を決めた理由は?

学生時代から世の中に対する物流の必要性について学んでいたので、大学卒業後は物流に携わる仕事がしたいと考えていました。そんな中、当社を選んだ理由は、建設機械の輸送といった他にはない特化した技術を必要とする職場で、自分を磨きたいと思ったからです。

仕事をする上で大切にしていることは?

私が仕事をする上で大切にしていることは、「当たり前だ」という概念を捨てることです。例えば、普段の業務など何気なく行っていることに対して常に疑問を持ち、それが本来あるべき姿なのかを考え、理論的な根拠に基づいて最適な姿を追求するよう努めています。

記憶に残る仕事のエピソードは?

現場の管理から本社の改善業務に転身した際、この仕事にどう取り組んでいくかが大きな壁になりました。ですが、そういった中にあって、視野を広く持ち業務全体を俯瞰的に見ることを心がけることで、一つずつ課題が明確になり、当初感じていた“壁”を乗り越えることができました。

入社後に感じたギャップは?

入社前は、建設機械を取り扱う伝統のある企業というイメージがあったので、少し堅苦しい印象を持っていました。ですが、実際に入社してみると上司と部下が分け隔てなくコミュニケーションをとっている明るい職場だったので、良い意味でギャップを受けました。

コマツ物流を一言でいうと

近年、物流も独自の技術や知識(ノウハウ)による効率化を提供することが求められています。そういった中にあって、若手が成長し基盤を担うことができれば、より良くなる可能性を秘めているので、そういう点では、当社はまだまだ伸びしろのある発展途上の会社だと思います。

休日の過ごし方

最近の休日は、もっぱら家族サービスが中心になっています。買い物に行ったり、気になっていた美味しいお店を巡ったりしています。外出の予定がないときは、家でゆっくり休んだり、気が向けば読書やテレビゲーム、スポーツなどを楽しみながらリフレッシュしています。

どんなところにやりがいを感じるか?

やはり、自分が行った改善業務が目に見えるカタチで成果に現れることです。もちろん数値的なものだけでなく、実際に現場の担当者から「業務がやりやすくなったよ」などと声をかけていただけることもあるので、「次も頑張ろう」と思いますし、大きなやりがいにもなっています。

これから叶えたい目標や夢は?

夢は、物流業界内で他に導入事例のない画期的な設備を導入し、大規模な業務改善を行うことです。その夢を叶えるために、まずは直近の目標として掲げているのが、自分がリーダーとなってプロジェクトを発足し、チーム全員を引っ張っていけるような存在になることです。

コマツ物流に応募される人に一言

当社には、若手がどんどん成長していけるチャンスが、大いにあると思います。物流に興味のある人はもちろん、改善業務に興味のある人も、やりがいにあふれた職場ですので、ぜひ、チャレンジしてください。そして、入社した暁には一緒に働けるのを楽しみにしています。