KOMATSU  
 
コマツ物流
HOMEへ戻る物流サービスソリューション事例紹介事業所一覧会社情報  

物流用語辞典


|  A  |  B  |  C  |  D  |  E  |  F  |  G  |  H  |  I  |  J  |  K  |  L  |  M  |
|  N  |  O  |  P  |  Q  |  R  |  S  |  T  |  U  |  V  |  W  |  X  |  Y  |  Z  |
|  ア  |  カ  |  サ  |  タ  |  ナ  |  ハ  |  マ  |  ヤ  |  ラ  |  ワ  |  その他  |

改正トラック事業法 かいせいとらっくじぎょうほう
(「改正物流2法」とも言う)
施工 2003年4月1日
改正の要点
  営業区域規制の撤廃 (全国どこでも営業できる)
    最低車両数:5台(これまで、拡大区域では15台)
  運賃・料金の事前規制が廃止
  安全規制の強化
    運行期間の制限 6日を超えないこと
    下請トラックが違反すれば、元請も行政処分
ガッチャ ガッチャ
レバーブロックのことをいう。
「にしめ」ともいう。
ワイヤかスリングを使って荷物を固定する保定ツールの一種。
貨物(カーゴ) かもつ(かーご)
運送される物品の総称で、その分類にはさまざまな方法があるが性状の分類は下記のとおりである。とくに雑貨は一般貨物ともいい、貨物の性質上、特別な積付・保管が必要なもの以外の貨物の総称。包装形式、性質により精良貨物と粗悪貨物に分けることがある。コンテナ貨物はコンテナ定期船対象貨物でコンテナへの収納に適した貨物である。

貨物 一般貨物、雑貨 精良貨物、粗悪貨物
容器入り貨物
コンテナ貨物
特殊貨物 バルク貨物(乾、液体)
冷凍・保冷貨物
高価物
重量物、嵩高貨物、長尺物
生動植物
腐敗性貨物
危険物
貨物自動車運送事業法 かもつじどうしゃうんそうじぎょうほう
1989年(平成1)に道路運送事業法から貨物自動車運送事業を独立させたもの
第二条(抜粋)
  「貨物自動車運送事業」とは
    一般貨物自動車運送事業
    特定貨物自動車運送事業
    貨物軽自動車運送事業
  のことを言う
一般貨物自動車運送事業とは他人の需要に応じて有料で自動車を使用して貨物を運送する事業
    自動車:3輪以上の軽自動車及び2輪の自動車を除く
特定貨物自動車運送事業とは特定の者の需要に応じて有料で自動車を使用して貨物を運送する事業
    自動車:3輪以上の軽自動車及び2輪の自動車を除く
貨物軽自動車運送事業とは他人の需要に応じて有料で自動車を使用して貨物を運送する事業
    自動車:3輪以上の軽自動車及び2輪の自動車に限る
キャリア carrier
運送人、
運送の実手段(船・トラック・航空機等)を持ち、荷主から荷物を引き受け実際に運搬をする事業者。
クライアント client
クライアント・サーバー方式のネットワークシステムで、一般ユーザーが使うパソコン端末のこと
サーバーからデータまたはプログラムの支給を受け活用する。
オフコン(Office Computer System)の端末と異なる点は、クライアント単独でもCPUとメモリーを持ち、各種演算・データ処理を行える点にある。
サーバー(server)
検量事業 けんりょうじぎょう
船積貨物の積込または陸揚げを行うに際して、その貨物の重量または容積の計算もしくは証明を行う事業。運賃計算の基礎となり、当該事業を営業するには港湾運送事業法による免許が必要であり、検量人は登録しなければならない。
コラボレーション collaboration
通常は、共同、合作、共同研究と言う意味。
経済界では、事業提携、業務提携という意味に使う。
ページ最上部へ
見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。 Copyright(C)2006 KOMATSU LOGISTICS CORP. All right reserved