KOMATSU  
 
コマツ物流
HOMEへ戻る物流サービスソリューション事例紹介事業所一覧会社情報  

物流用語辞典


|  A  |  B  |  C  |  D  |  E  |  F  |  G  |  H  |  I  |  J  |  K  |  L  |  M  |
|  N  |  O  |  P  |  Q  |  R  |  S  |  T  |  U  |  V  |  W  |  X  |  Y  |  Z  |
|  ア  |  カ  |  サ  |  タ  |  ナ  |  ハ  |  マ  |  ヤ  |  ラ  |  ワ  |  その他  |

CAD Computer Aided Design
コンピュータによる設計支援システム。
現在の主流は、二次元から三次元に移っており、商品のデザインの検討、部品間の干渉。関連性のチェック、部品カタログにも使われている。
また3D-CADデータを使い、NC加工用プラグラムの作成・溶接ロボットのオフライン・ティーチングにも使われる。
CAE Computer Aided Engineering
コンピュータによる開発支援システム
機器の概念設計の段階において、機能や構造を決定し、コンピュータ内のモデルをシミュレートすることで、機械の性能や特性を評価するシステム。
試作した製品の実験データをコンピュータ内 の解析結果と合成し、確度の高いシミュレーションを行うことが可能で。これにより、実物の試作品をつくる手間が省け、製作期間の短縮やコストの低減を図ることができる。
CALS(その1) Computer Aided Logistics Support
コンピュータによる物流支援(1985年)
CALS(その2) Computer Aided Acquisition and Logistics Support
コンピュータによる調達・補給支援(1988年)
CALS(その3) Continuous Acquisition and Life Cycle Support
物流全体に亘るコンピュータ支援(1993年)
設計・製造段階の初期から、データをコンピュータ化し、最終段階までそのデータを活用することで製品のライフサイクルを通じコスト削減を図ること。
CALS(その4) Commerce at Light Speed
コンピュータによる物流支援:商流光速化(1994年)
製品の開発から流通・保守・管理にいたるすべてのプロセスにおいて、コンピュータ・ネットワーク上で情報を電子データとして共有し、活用することにより、コスト低減・作業効率・品質の向上を図ることを言う。
CAM Computer Aided Manufacturing
コンピュータによる製造支援
CADで出来上がった設計情報をもとにして、製造用のNCプログラムの作成、部品の加工と組み立て、資材手配に必要なデータ作成など、生産過程を合理化するためにコンピュータを利用するしくみ。
CAMはCADでつくった図面のデータに基き、コンピュータが工作機械や産業ロボットの動作手順をつくり、それを動かすためのプログラムをNC機械に転送し、自動的にもの加工する、といった設計から生産までの一連の作業を自動化するシステム。
CAO Computer Assisted Ordering
コンピュータを使い必要資材を自動発注する仕組みのこと。
CCD Charge Coupled Device
電荷結合素子
1970年アメリカのベル研究所が開発した半導体記憶素子の一種で、半導体素子の表面を酸化幕の絶縁物で覆い、その上に転送電極を形成している。
バッキング密度は高く、消費電力は小さい。大容量のメモリーとして利用されている。
CBS Cost Breakdown Styucture
コスト構成図
改善プロジェクト活動を実施する場合に使うツールで、すべてのコストを洗い出し、その構成を図に表したもの。
CD Compact Disc
音楽用のコンパクトディスクと呼ばれる直径12cmの円盤状の記憶媒体。
データはデジタルで記録されており。アナログディスク/コンパクトカセットテープなどに比べ高品質の音楽が楽しめる。
CD-R Compact Disc-Recordable
書き込み可能なCD。
一度書いたらその部分は消すことはできない。容量は550MB。
CD-ROM Compact Disc-Read Only Memory
音楽用コンパクトディスクをパソコン用読み出し専用メモリーに使った高密度記録媒体で連続した螺旋形のトラックを使い、セクタ長は一定標準的なデータはあらかじめ書き込まれており、ユーザが書き込むことはできない。直系12cm、記憶容量は550MB。バリエーションとしてCD-R、CD-I、CD-ROM、フォトCDなどがある。
CD-RW Compact Disc-ReWritable
書き込み、読み出し、上書き可能なCD。光の反射率はCD-ROMより少ないため、古い型のパソコンでは読めないので注意。
CDMA Code Division Multiple Access
「符号分割多重接続」:次世代携帯電話の方式。
電話機ごとにそれぞれ異なる符号(拡散コード)を設定することで、複数の電話機が同時に同じ周波数帯域を利用できるようにする方法。
→TDMA
CE Concurrent Engineering
設計と工程設計や設備計画を同時に開始、進行することにより開発期間を短縮し、コストな圧縮を図る方法。
C&F Cost and Freight
貿易の際、商品の本値段(cost)に積港から揚港までの運賃(freight)を加算する売買条件。
CFAR Collaborative Forecasting and Replenishment
同じ製品を生産するメーカーが共同で必要量の予測をし、資材調達をすること。
CFC Consolidated Freight Classification
アメリカ国内輸送規則
アメリカの鉄道協会とトラック協会が、貨物の種類や重量別に運賃等の取り扱いを定めた規則。
CFR Cost and Freight
運賃持込条件
貿易条件のひとつ。1990年インコタームズの定型取引条件のうち、C類型(主要運送賃条件)のひとつでCFRと略される。(旧 C&F)
CFS Conainer Freight Station
コンテナ・ターミナル、コンテナ・フレート・ステーション
小口貨物の集積、保管、蔵置する輸出入貨物の荷解き場所で、コンテナの詰め込み、つりだしを容易にするために一般的には高床式の倉庫が多い。
CIF Cost Insurance and Freight terms
運賃・保険料込み渡し値段。
売り手(輸出者)側が積港から揚港までの当該商品に対する運賃、保険料を負担する売買条件。
CILS Computer-integrated Logistics System
コンピュータ統合物流システム
コンピュータにより、調達物流・生産支援物流・販売物流・廃棄/回収物流までの一連の流れを統合化するシステム。
CIM Computer Integrated Manufacturing
コンピュータ統合による製造
多数の加工装置をコンピュータで一元管理し、稼動状況を集中監視できる生産システム。
CIMS Computer-Integrated Manufacturing System
コンピュータ統合製造方式
設計・受注から・生産完了までの一連の過程を共通データベースのもとで一元的に統合化するシステム。
client クライアント
クライアント・サーバー方式のネットワークで一般ユーザーが使うパソコン端末のこと サーバーから、データまたはプログラムの支給を受け活用する。
オフコンの端末と異なる点は、クライアント単独でもCPUとメモリーを持ち、各種演算・データ処理を行える点にある。→サーバー
C/OまたはCO Customer Order
顧客からの注文つまり受注
「sales order」という言い方もある
発注は「P/O purchase order」
注文は「order」
core
competance
コア コンピタンス
基本能力
企業の基本となる事業のこと:本業
CPFR Collaborative Planning Forecasting and Replenishment
複数の企業が、共通のシステムを使い、共同で需要予測と資材調達をすること。
CPM Critical Path Method
PERTに対し、所要の時間と経費とを同時に考慮して最適のプロジェクト計画をたてるのがCPMである。
複雑な仕事の計画に際して、個別の仕事を矢印で表し、これらを合成して、全体の計画モデルをつくり、計画の最適化を図る。1958年、アメリカで宇宙開発計画作成のために考慮された。
CPU Central Processing Unit
中央演算処理装置
コンピュータの中枢部分で、基本処理装置、主記憶装置、入出力処理装置などをまとめた装置のこと。
CRM Customer Relationship Management
営業などの特定部門だけでなく、さまざまな顧客チャネルを通じて入手される顧客情報を集約し、一元管理することで、多様化する顧客ニーズに応えるとともに、顧客セグメントごとに効果的なマーケティング活動を行うこと。
CRP Continuous Replenishment Program
「連続自動補充プログラム」 アメリカで生まれたECR(効率的な消費者対応)戦略の中核として注目を集めた。予測を加味した実際の需要に基づく商品補充が可能となるよう補充発注プロセスを簡略化し、変革する企業間の共同の取り組みである。
CRPを導入することにより、流通業の配送センターの在庫はメーカーによって欠品や過剰在庫が生じないように適切に補充され、発注業務の効率化と在庫の削減を同時に実現し、新しい協力関係が構築できる。
CRT Cathod Ray Tube
「電子管」ブラウン管式ディスプレイのこと。→LCD
CS Customer Satisfaction
顧客満足
商品やサービスによって顧客に十分な満足を提供することにより、企業や商品のイメージを高め、販売促進に結びつけようとする企業戦略のコンセプト。
物流について、在庫の配備、納品リードタイム、納品の正確性、適正物流コスト、物流情報サービスなどを必要十分に提供することなどで顧客満足を得ようとするもの。
CTI Computer Telephony Integration
電話、FAX、インターネットメール社内メールなど、さまざまな通信手段をコンピュータによって統合すること。たとえば、コールセンターの電話情報を顧客データベースに転記することや、カタログを顧客のメディア(FAX、メールなど)にあわせて通信することなどがある。
CtoC (C2C) Consumer to Consumer
個人対個人の電子商取引き
インターネットを通じて消費者間で自由に品物を売り買いする動きがでできた。しかし、品物の保証方法、代金の決済方法に決まったルールがなく、当事者間の責任でやり取りすることになり、注意が必要。
ページ最上部へ
見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。 Copyright(C)2006 KOMATSU LOGISTICS CORP. All right reserved