KOMATSU  
 
コマツ物流
HOMEへ戻る物流サービスソリューション事例紹介事業所一覧会社情報  
HOME > 事例紹介 > フィルター製造メーカーの物流業務
 

フィルター製造メーカーの物流業務


煩雑な物流業務および物流拠点を集約し、IT化による在庫管理で効率化を実現

海外工場への生産拠点移管により増加する輸出入コスト。製品の保管能力不足によって煩雑化する入出庫作業。業容拡大による品目数増加などのお客様のお悩みを解決するため、当社の物流ノウハウをもとに関西地区に物流拠点を集約し、在庫管理と組立、および出荷まで一連の業務を一括運営する改善プランをご提案しました。


物流拠点を集約して管理コストを低減

  • 在庫を一元管理
  • 物流拠点を全国配送の中心部に設け、配送費用の低減を実現
  • 物流拠点を国際港の近くにすることで、コンテナドレージ費用の低減を実現

コマツ物流の物流改善ノウハウで効率化

  • 輸出入梱包のリターナブル化
  • 引き取り集荷(ミルクラン)の実施による輸送費削減
  • 入荷→生産→在庫管理→仕分け→梱包→出荷までをバーコードを活用したIT化にすることでミスを撲滅
導入前概略図
   
増加する物流コスト
梱包費、コンテナドレージ費、小口配送費、保管費
在庫管理の混乱
輸入製品の入荷・保管業務の増大
保管スペース不足
導入後概略図
   
部品受付、保管、入出庫、在庫管理の一貫調達物流
出荷、配送手配を含むジャストインタイム納品
サブ組み立て業務を含む流通加工の技術提供
斬新で安価な梱包技術提供
パレットのリターナブル化推進
情報システムの企画、設計、具現化
   
   
ページ最上部へ
総合お問合せ
見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。 Copyright(C)2006 KOMATSU LOGISTICS CORP. All right reserved